ジェイソン・カーク
ジェイソン・カークは新進の照明デザイナー且つテクニシャン。昨年 (2006 年) ミドルセックス大学を卒業してから、ブルーエレファントシアターやそのほかの劇団で照明デザインを担当。作品には The Tempest, Plasmas, Tales From Mumbai, Weights, The Big Filling などがある。ステージマネジメントの領域でも活躍。オックスフォードシャーを拠点に、フリーランスのテクニシャン、技術舞台監督として仕事をしている。作品には 35 Cents など。また、ブッシュシアターのテクニシャンでもある。2008年の 10 月にはイプセンの Ghosts の仕事が控えている。余暇には、英国サッカー協会公認の審判員でトッテンナム ホットスパのサポーター、 DVD 鑑賞に、読書。敬虔なクリスチャンで、オックスフォードのエマニュエル教会の礼拝に出席している。
http://www.jasonkirk.co.uk

参加作品:      
照明デザイナ The Face of Jizo    
       

> back



c 2009 ichiza theatre company All Rights Reserved.