井上 ひさし
作家・劇作家。1934年、山形県生まれ。上智大学フランス語科卒業。在学中から、浅草のストリップ劇場フランス座の文芸部兼進行係を務めた後、放送作家として5年間におよぶ NHKの連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本執筆。現代的センスによる笑いと風刺で多くの人びとに愛された。69年には『日本人のへそ』で演劇界デビュー。72年には江戸戯作者群像を軽妙なタッチで描いた小説「手鎖心中」で直木賞を受賞。以降、戯曲、小説、文明批評、エッセイなど多彩な活動を続けていくつもの小説賞、戯曲賞を受賞。84年にはこまつ座を旗揚げ。『頭痛肩こり樋口一葉』から『太鼓たたいて笛ふいて』他多くの新作戯曲を書き下ろして上演。生まれ故郷に蔵書を寄贈し続ける図書館「遅筆堂文庫」と劇場が一体になった川西町フレンドリープラザがあり、ここで校長としてこまつ座主催の生活者大学も開校。新国立劇場には『紙屋町さくらホテル』『夢の泪』他を書き下ろしている。また戯曲『化粧』『薮原検校』は地人会による海外公演も重ねて高い評価を得ている。2001年には、知的かつ民衆的な現代史を総合する創作活動で朝日賞を受賞。日本ペンクラブ会長。仙台文化館館長。吉野作造記念館名誉館長。こまつ座代表。

参加作品:      
作者 The Face of Jizo    

> back



c 2009 ichiza theatre company All Rights Reserved.