• 一座は、日本人俳優たちによって結成されたロンドンを本拠地とする劇団で、日本の伝統的な演劇から現代の作品にいたるさまざまな芸術形式に材を求め、いろいろな民族の作家、演出家、俳優、音楽家、美術家たちと協働して、活きいきとした、ゾクゾクする、力強い日本の芝居を「物語る」ことを軸に創り上げていきます。


    一座は、すべての芝居は物語から始まると考えています。あるときは既に書かれた戯曲だったり、あるときは伝説だったり、またあるときは詩だったり、音楽だったり、物語はさまざまな形で存在します。物語に肩をポンポンとたたかれると、それを舞台の上に乗せたいと、むずむずし始めるのです。

    一座はチームです。物語に肩をたたかれた人たちが自分のアイディアを持ちよります。作家、演出家、俳優、音楽家、美術や照明や音響のデザイナーなど、みんないっしょに働きます。それぞれのアイディアが、あるときはお互いに助け合い、あるときは反発し合いながら、思いもよらないことを発見するのです。

    一座は日本人だけでなく、いろいろな人々といっしょに芝居を創っていきたいと思っています。国や民族や宗教の違いを超えて、人びとがお互いに通じ合える芝居を創りたいと願っているのです。

    一座は、世界のあちこちにいる新しい観客に出会うために、私たちのところへ観客が来るのを待っているのではなく、観客のいるところへ私たちの劇場を持って行きたいと思います。村の集会場から大きな倉庫まで、あらゆる場所が劇場になります。一座は、演劇ファンだけでなくふだん劇場には足を運ばない人びとにも一座の芝居を観に来て欲しいのです。

    一座は、私たちのむずむずを若い世代に伝えていきたいと思います。でも、私たちは伝えるということを教えることだとは考えていません。私たちも彼らに耳を傾け、彼らから学びたいのです。彼らとの共同作業を通じて、その中から一座の新しいメンバーが生まれてくるかも知れません。

    こうして一座は、芝居づくりの長い旅に出発します。閉じる


    座員      
    ニコラス・バーター 伊川 東吾 楠原 映二 桜 典子
           
    理事      
    ニコラス・バーター コリン・チャレンジャ 伊川 東吾 加藤 節雄
    松岡 和子 野口 州子 扇田 昭彦 ジェニー・ホワイト

     


    c 2009 ichiza theatre company All Rights Reserved.